コルトスナイパーXRS100MHをインプレ!

Selfishインプレ

コルトスナイパーXR

S100MHをインプレ!

今日はインプレ!

おはようございます。

ちゅうたです。

今日は大人気ショアジギングロッド、

シマノはコルトスナイパーXRの

S100MHをインプレしたいと思います。

ばっちこーっい!

まずはメーカー殿ホームページより

総合力を磨き上げた本格派ショアキャスティングシリーズ。

ショアジギング&プラッギングゲームに求められる「遠投性・軽さ・シャープさ・パワー」のベストバランスを求めた本格ロッド。高精度のキャストと操作性、大型青物とのファイトでは安定したリフトパワーを追求。さらなる高強度化をもたらす基本構造スパイラルXコア、継部の固定力を高めつつ外しやすさも両立したスクリューロックジョイントなど、シマノならではのテクノロジーによってロッド性能が飛躍的に向上。30g 前後から100gを超えるメタルジグ&プラグに適応するMLからXHパワーまでの豊富なラインナップ。加えて、利便性に優れた3ピースモデルも展開。ターゲットは10kgを超える大型青物から近海の多種多様なフィッシュイーターまで幅広く想定しています。

とまぁ、

大人気ですよね、コルトスナイパーシリーズ。

特にこのXRが出て、さらに人気に火がつきました。

そもそもショアジギングがブームと言えるほどの人気となり、

たくさんの人がこのサオを手に取ってみたのではないでしょうか。

釣りをする場所にもよりますが、

大型の青物を安心して狙うことができる、最低価格のロッドだと思います。

selfishメンバーでは

私がS100MH

モモヤ氏がS100H

を使用しています。

コルトスナイパーXR

S100MHの第一印象

パッと手に取った時はまさに

「剛竿」

というような印象です。

今時のロッドは軽いものが多い中、

軽くない。重いとは言いませんが。

大型の青物と対峙できそうなパワーを感じます。

まぁでも軽い方なのかな。

私はこれまで

オリムピックのリモートEX

96Mというサオをメインに

ショアジギングをしていました。

ライトショアジギングってジャンルですね。

そんな私からすると

このコルトスナイパーXRは

強くて重いという印象です。

コルトスナイパーXR

S100MHの見た目

私は15ツインパワーSW6000HG

を合わせています。

専用機か?!

と思えるほどマッチしていて

カッコいいです◎

黒を基調にスパイラルXコア、ハイパワーXの

クロス巻きがいい感じ。

派手さは無いですが、変なクセもなく私は好きです。

キャストフィールと操作性

メーカー推奨ウェイトは

ジグでMAX90グラム

プラグでMAX70グラム

となっています。

PE2号と3号で

色々テストしてきた印象は以下の通り。

メタルジグ60g

シマノ

コルトスナイパーアオモノキャッチャー60g

こいつのことが好きやー◎

一番ストライクゾーンのウェイトです。

最高の飛びですね。

めっちゃんこ飛びます。

思いっきりフルキャストが気持ちいい!

シャクリ感もドンズバですね。

キャストもアクションもバッチリ◎

最高!100点◎

メタルジグ85g

オーナー

激投ジグ85g

定番はやはり◎

こちらもバッシューーン!!

って気持ちよく飛びます。

上限に近いウェイトですが、

しっかり垂らしの長さをとって

ペンデュラムで投げれば、

全く不安感なく気持ちよく振り切れます。

ただやはり上限が近いので、

慣れが必要かも。

しかし、現場で10投もすればすぐにコツが掴めるレベルです。

シャクリ感は問題ないですね、

多少先は入りますけど。

(もちろん推奨ウエイト外ですが、

ジグなら100gでもいける…)

メタルジグ40g、50g

ジャクソン

ギャロップ40g

メジャークラフト

ジグパラ40g、50g

ジグパラ安い!!
リアルカラーも安い!!

キャストフィールはいいですね。

投げる前は

少し物足りないかな

とか思ってましたが大丈夫。

シャクリ感は、

うーん。

いけるけど、気持ちよくはないかな。

これはかなり個人差あると思います。

私にはシャクリの引っかかりが弱くて

操作しにくいかなぁ。

サオ自体にしっかりウェイトがあるのもあって、ジグが動きすぎるというか。

真っ直ぐ来ちゃう。

もちろん上手くラインスラックをコントロールできる上級者の方であれば、

問題なく操作できると思います。

また、ジグパラスローのような、スロー系のジグならよく水を噛むのでこの辺りのウェイトでも良いですね◎

メタルバイブ43g

ジャッカル

ビッグバッカー鰤カスタム43g

モモヤ氏に誕生日プレゼントでもらった◎

キャストもリトリーブも問題無し。

竿が少し勝ち気味ではありますが

気持ちよく扱えます◎

メタルバイブ26g

コアマン

アイアンプレート26g

なんか困ったらとりあえずこれ!

IP26です。

キャストは意外でした。

ちゃんと実用レベルで投げることができます。

いい意味で裏切られた。

ここまでくるとさすがにルアーウェイトが軽すぎて、

サオを曲げれず飛ばせないだろうと思ってましたがそれは間違い。

しっかり飛ばせます。

ただそこはやはりサオが勝ちすぎて気持ちよくは無いですけどね。

リトリーブについても問題はないけど、

わざわざこのサオをでやらんでええよなって。

だけどベイトがまだ小さいカタクチとかで、

小さめのルアーを入れたいって時はアリだと思います。

ミノー26g

ダイワ

セットアッパー125S-DR

みんな大好き☆selfishメンバーも大好き☆

関西ショアジギング界隈で

大人気のセットアッパーです。

こちらも意外にちゃんとキャストできました。

上のIP26と同じでサオが勝ちすぎて気持ちよくは無いけど、実釣レベルで問題はないですね。

ほんといい意味で裏切られた感じ。

もっとティップまで硬くて飛ばせないだろうと思ってましたが、ちゃんと曲げて飛ばせます◎

リトリーブについてもサオが強いのと

6000番のリールなので軽く巻いて来れます。

対青物なのでファストリトリーブすることを考えるとアリ。

このサオしか持っていかない時はこれでやるけど、もう少しライトなサオでやりたいですね。

ミノー39g

ダイワ

セットアッパー145S-DR

美しい。美味そう。

セットアッパーのデカイ方です。

通称ドラゴンアッパー。

当然ウェイトがアップして、

上の125S-DRより扱いやすくなります。

飛距離も抜群です。

めっちゃ飛んでます。

でもまだ少しサオが勝っちゃってますね。

もうワンランク弱めのサオで投げたい感じ。

リトリーブについてはゴリゴリと速巻きできます。

ミノー35g

シマノ

ロックジャーク140s

これはデカイ方、インプレは小さい方です汗

キャストもリトリーブも問題なしです。

よく飛びます◎

まぁまだこの辺りのウェイトはサオが勝ち気味。

しかしガンガンジャークしてしかけていくような人はこのくらいがいいかも。

ポッパー

タックルハウス

フィードポッパー150

60g

カッコいいよねー☆

ここらはほんの少しサオが負け気味。

キャストは少しよっこいしょ感が出ました。

ほんの少しですが。

まぁすぐに慣れました。

操作感はいいですね。

ポッパー

タックルハウス

フィードポッパー135

45g

クリアカラーはさらにカッコいいよねー☆

扱いやすいです◎

キャストも操作性も良し!

ここらへんがプラグの真ん中かなぁ。

でもあまり水の噛まないダイペンならもう少しウェイトがあった方がいいですね。

ポッパー

マリア

ポップクイーン105

28g

軽めでサオが勝ちすぎ。

できないことはないけど、このサオではやらないかな。

ダイビングペンシル

シマノ

別注ヒラマサフラッシュブースト160f

61g

透けるボディに紫のアイ、妖艶

キャスト感、操作性

共に問題なし。

フィードポッパー150と同じくらいのウエイトなのに、こっちは気持ちよくフルキャストできます。

よっこいしょ感がない。

ルアーの形状やバランスの違いでしょうか。

不思議。

ダイビングペンシル

ジャンプライズ

ララペン165f

53g(フック無し時)

扱いやすいダイペンです◎

しっかりウエイトを感じますが、

キャスト感、操作性、共に良し◎

これくらいしっかり水を噛んでくれる方が操作しやすい。

ダイビングペンシル

マリア

ローデッド

ブリンブリン水を押すアピール強め!

ちょっとサオに対して軽いかな~。

上級者の方ならうまく扱えそうでも、

僕には難しかったです。

キャスト感はいいです◎

シンキングペンシル

シマノ

ロックスライド120

33g

軽めではありますが、シンペンの特性上よく飛びます。

当然巻き感は弱く、ノー感じにはなります。

ルアーに対してサオが勝ち過ぎ。

だけど、実用レベルで問題なしです。

コルトスナイパーXR

実釣性能

購入してから、

ロックショア

沖堤防

サーフ

海上釣り堀

と色々な場所に連れて行きました。

まともにサオが曲がったのは、

海上釣り堀で釣ったカンパチとメジロ。

どりゃあ!

カンパチは83センチの立派な個体でした。

溢れるトルク、ガチンコファイトができます。

不安感無し。

海上釣り堀なので、圧倒的にこちらが優位ですけどね。

カンパチとメジロを相手に強引にやってみたり、慎重にやってみたり。

海上釣り堀は間合いが近いので、強引にやるとすぐにラインブレイク汗

PE3号でも簡単に切られます。

しかしサオが力負けする感じは全く無し。

こっちがのされそうになるか糸が切れるかでした。

ロックショアではまだアコウしか釣ってませんが、これからがんばるぞ!

このサイズのアコウさんは水面を滑って手元まで来ました(・・;)

スクリューロックジョイントのおかげで、

しっかり継げるのに、納竿時に現場で外れないなんてこともなく安心。

磯でそんなことになると帰りが地獄ですからね、ここはうれしい◎

コルトスナイパーXR

s100MHの少し気になるところ

ズバリ!

スクリューロックジョイントです!!

え?!

さっきはいいって褒めてたやん。

そうです。

いいんです。

すごくいい。

ただね、

耐久性がどうなんかなって。

他の方のブログにてネガティブな意見も見かけるんです。

割と早めにスカスカになっちゃったとか、

緩むようになったとか。

うちはまだ全く問題無しですけどね、

釣行回数がそれほどでもないので。

フェルールワックスを使用すればいいそうですが、

砂とかホコリとか着きそうで嫌なんですよね。

スクリューロックジョイントについては、

おそらく今後のシマノ社製の色んなサオに採用されると思うので、

継続して確認します。

コルトスナイパーXR総評

操作性(使用感)

★★★★☆4.0

パワー

★★★★★5.0

デザイン

★★★★☆4.0

コスパ

★★★★★5.0

いいね!クミクミくみ君って言ってます◎

このサオの特徴はなんといってもコスパの高さ!

安心して磯に持っていけるサオの中で最安値だと思います。

そしてデザイン。

変なクセがなくシンプルでどんなリールにも合いそうです◎

思ってたより軽めのプラグから、重たいジグまでこなす汎用性の高さもグッドですね。

堤防や沖堤防では明石や淡路島などの激流地域を除いてはオーバーパワーです。

普通の堤防ならコルトスナイパーSSがマッチしますね。軽いし疲れない。

しかし、激流地域の方、堤防も磯も一本でなんとかしたい!

って方には是非オススメしたい高コスパロッドです☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました