DAY62 御前浜にイグジストニスト降臨

御前浜シーバス365チャレンジ
スポンサーリンク

御前浜シーバス365チャレンジ DAY61

9/17木曜日 大潮 満潮19:15

スタート19:30
納竿23:00

ちゅうた
ちゅうた

大潮の満潮からスタート。
今日こそ入魂!
スピニングでドラグ出します!!
ちゅうたです。
ばっちこーい!

大潮です。ソワソワ(*´ー`*)

御前浜の西側は足下まで余裕で水が来ます。

これから秋シーズンの大潮は潮位が高くなります。
湾岸下、満潮時は長靴ではエントリーできないくらいの潮位に。

そして今日は波っけが強く。
ざぶんざぶん。

いつもの明暗は諦め、南側の堤防からスタート。

風も強いし、波もある。
これからの季節はこんな日が多くなりそうですね。

ima kosuke110f 大野ゆうきのカビボラを模したオリ字なる。

コスケ110Fからスタート。

風が強くても
ウエイトがあるので
しっかり投げれるし、
レンジも表層から少し入るし。

だけどそれ以上に風も波も強すぎた。

何やってんだかわかんない状態(・・;)
糸フケすごいし。

手前の石畳みに根掛かりしないように。。
そればっかりに意識が。

入って行きたいけどなー、
長靴じゃ無理だー(>_<) しかし、モモヤさんは気にもせず ざんざん入っていきます。 長靴の中には すでに潮が入っているようです。 でもこの人は行きます。
波キツいなーー! とか言いながら入っていきます。 猛者ね。

でもやはり波気がキツく
少し浅いところで。
でもここでも波きたら
長靴ひたひたまで潮がきます。

長靴の中に潮が入ることを
気にもしないモモヤ氏。

猛者とは、
勇敢で気力に富む強い人。
また、技がすぐれ、盛んに活躍する人。

まさに猛者。

だけどやはり二人とも
何やってんだかなー状態。
波風キツくいつものフィールドなのに恐怖心すら湧いて来ます。

跳ね橋にイナっこたくさんいたよとのモモヤさん情報を頼りに跳ね橋へ

久しぶりの跳ね橋です。

イナイナイナ
イナちゃんの群れ

さすが跳ね橋。

Megabass カゲロウ100F

このステインイワシってカラーがめっちゃ好き!

ここ最近
クロキンてカラーが色んなルアーの
カラーラインナップから消えましたよね?!

昔はクロキン、アカキンはむしろ定番だった。
アカキンは最近でもありますが
(アカキンすら無い時もある)
クロキンはほんまない(T ^ T)

僕は好きなんですよねー、クロキン。
濁りがキツいここら辺の港湾部で
しっかり目立つ。
クロキンは目立つのに、
ナチュラルに目立つような気がして
好きなんです。

そんなクロキンに近いこのステインイワシ。
在庫がありのタイミングで即バイトしました。

スッコーンって気持ちよく飛んで行くし、
サイズ感もいい感じ。

しかし今日も…。
ボーーーズですー。

うーん。
跳ね橋、イナっこはたくさん。
たぶんシーバス君もおる、たぶん。

干潮に向かい、
潮位が下がって来たタイミングで
湾岸下に戻るべきだったのか。

わからん。

でもそうかな。
そんな気がする。
。。。

と、ここで。
突然ですが、

見せてもらおうじゃないか、
ダイワ60年の技術の結晶、
18イグジスト!!!

モモヤ39年の結晶(誕生日)
ってことで
イグジスト導入されました!

イグジストを装備し、
顔付きが変わるモモヤ氏。

私リールは、
スピニングもベイトも
SHIMANOさんです。
しかし、
この18イグジストと
19セルテートは
デザインもすごく好きで
かなり気になる存在。

ルアーを投げて
巻いてくるフィーリングを
18ステラと比べてみます。

もちろんどちらもフラグシップ、
巻き心地がいいのは
言うまでもなく。

しかしそこには明確な路線の違い
を感じます。

飲み物に例えるのが一番伝わるような、

私のステラ
ポカリスエット

モモヤ氏のイグジスト
エビアン

ステラの方が味が濃い
イグジストはクリア

どちらもノンノイズ

的な。

私の例えを聞いたモモヤ氏

「わからん」

僕はやっぱりステラが好きだけど、
イグジストもめちゃんこいいなぁ。
ほんまにめちゃんこいいなぁ。
19セルテートもルアー付けて
巻いてみたいなぁ。

今日もまたボーズですが、
イグジ触って
ワクワクしながら
ゴミ拾って納竿でっす♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました