【武庫川一文字】Road to Yellowtail 最終回?ムコイチの中心でブリと叫んだももや

Road to Yellowtail 【武庫川一文字ショアジギングガイド】

【武庫川一文字ショアジギング】Road toYellowtail〜最終回?ムコイチの中心でブリと叫んだももや〜

2021年12/4 大潮 満潮7:18

ももや
ももや

こんぬつは、ももやです。

2021年最後のセルフィッシュ全員集合釣行。

果たして今日こそ鰤と出会えるのか…(棒)

風速7m…爆風の中で…

当日は船は出たものの海上は風速7m…

モウさん
モウさん

釣りならんのちゃう?(-`ω´-) 

内向きでサビキしてコーヒーでものむは(-`ω´-) 

と、言っていたモウさんと3時に集合。

ふと、モウさんの車の中を見るとアジバケツが…
中には1匹220円のアジがみっちり入っています。言葉とは裏腹に殺気しかないモウさん…
我らがリーダーチュウタもコルトスナイパー XR片手に闘志にみなぎっています。

なぜならリーダーは今ノリに乗っているからです…

オフショアで10kgの鰤を釣り、ホームで1日に8本シーバスを釣り、80cmランカーシーバスを釣り、挙げ句の果てにシーバスのナイトゲームでショアから76cmのメジロを釣っているからです…

10kgの鰤を釣った男。
シーバス狙いのナイトゲームのはずがスネコン130で76cmのメジロを釣った男。

それもこれも先日のムコイチ釣行でヴァウズを喰らいおっさんが普通に泣きながら帰った日。

あの日から彼は覚醒しました。

赤い蠍のロッドに銀ピカのリールを手に、ももやの目の前で幾度も大物を釣りあげてきました。

今ノリに乗っているリーダーのゴリ押しでこの爆風の中、武庫川一文字へ渡る事となったのですが果たして…?

当日の3人のタックルはこんな感じです。

チュウタ

ドラゴン鬼殺しタックル

シマノ コルトスナイパー XR 100MH

シマノ ツインパワーSW 6000HG

ランカーシーバス、メジロも釣ったミラクルおやすみタックル

シマノ ワールドシャウラ1832R-2

シマノ 21アンタレスDC XG

モウさん

シマノの闇の遺物のませタックル

シマノ オシアAR-C 906

ダイワ ソルティガ

海上釣り堀でカンパチを釣るために買いました

シマノ ワールドシャウラBG21055

ダイワ ソルティガ

どんな小さなあたりも見逃さないサビキタックル

ダイワ モアザン AGS

シマノ ステラ5000xg

ももや

ムコイチ特化型丘投決戦兵器

シマノ コルトスナイパー SS 96M

シマノ ツインパワーSW 6000HG

信頼と実績のおやすみタックル

ダイワ ラテオR 96M

ダイワ 18イグジスト3000XH

私ももやはコルトスナイパー XR100Hをお留守番させて最近お魚を呼んでくれるラテオくんを連れて行きました。

先日の平日ムコイチ釣行でもハマチをかけ、秋シーバスをたくさん釣らせてくれたラテオくん。まさに信頼と実績の願掛けタックルです。

いつもお世話になっている渡船屋さんに行くと1ヶ月前の1/3ほどの待ち人数…

おかげで悠々と一番船に乗り込みいざ戦場へ…

それぞれの朝mazume

12月になり日の出も6時半ごろという事でそれぞれが思い思いに準備をします。

私はラテオくんで太刀魚狙いでビッグバッカーソフトバイブ28gから!

ももや
ももや

…爆風すぎて底が取れましぇぇん!!!

モウさんは内向きで本気サビキ!大アジ、大サバ狙い。

チュウタはシマノ、アオモノキャッチャーハイアピール65gで鰤狙い!

西風に煽られながらもそれぞれに魚を狙いますが魚からのコンタクトはなく…

するとモウさんのサビキにヒット?!

かかった魚が大きすぎたのかサビキが切れた模様…

ももやは風が強くベイトも浮いてなさそうなので、底狙いでジグに変更。

翼港でハマチをゲットした信頼と実績の撃投ジグ65gピンクグローをキャスト。

ボトムを丁寧に攻めるもコンタクトはなし…

隣を見るとチュウタは撃投ジグ85gをガンガンしゃくってます!

ももやも負けじとキャストアンドキャスト!

モウさんも活アジを使って飲ませをスタート。ワールドシャウラBGでima GUN40gアカキンを内向きでキャストしたりもしてます!

そして白々と夜が明けてきたころ、その時は訪れました…

時合いは突然やってくる。略してジアトツ!

モウさんは後ろ手に組んで飲ませでのんびりフィッシング。チュウタも内向きでベイトロッドでキャストしたり人の少ない堤防で短い距離を丁寧にテクトロしています。

チュウタの魚に出会うためのストイックな姿勢に感化され、ももやもシーバスタックルに持ち替えました。

ジグをしゃくっていてもPE2号だと横風で流されてうまくジグが動かせてないような気になってきたので、バイブレーションに変更。ジャッカル ビッグバッカー107鰤カスタム42g アルミブルピンをキャスト。

自己記録のメジロをはじめ、沢山の魚を連れてきてくれた信頼と実績のルアーに想いを託し、底まで落として巻き上げます。

早巻きし過ぎずボトムをフラフラと平行に泳がせるイメージで引いてきます。

ムコイチに通って早2年。

「鰤は底にいる」

「鰤は早すぎると食わへんで」

船長や常連さんに教えてもらった事を初心者なりに実践します。

そして海上釣り堀で目の当たりにした表層まで追いかけてくるスイッチの入った青物の姿。

早すぎず遅すぎず巻き巻きします。

3投目、足元まで丁寧に巻いてくると突如漆黒の海の底から黄色い尻尾のでっかい魚がゆらっと現れ目が合いました。その瞬間、ビッグバッカー107鰤カスタムアルミブルピンを引ったくると目にも止まらぬ速さで走り出しました…かさ

ももや
ももや

キタァァァォォォァァォォァァ!!

(セルフィッシュの暗黙のルール、義太夫コールを忘れるほどびっくりしました)

イグジくんのドラグが焼き切れんばかりに鳴き叫んでます。

ももや
ももや

イグジくんが壊れるゥゥゥ!!!

ちゅうた
ちゅうた

…(^^;

モウさん
モウさん

…(-`ω´-)

ムコイチに響き渡るももやの咆哮。チュウタとモウさんがこちらをチラッと見ましたが、他人のフリをして目を逸らしました。

ですが、優しいリーダーがももやの嘘、大袈裟、紛らわしいいつものヤツだろうと思いつつも声をかけてくれます。

ちゅうた
ちゅうた

きた?!

ももや
ももや

鰤ッ!!

私は確信していました。ムコイチの中心で鰤と叫んでしまうほどに…

ドラグを少し締めて深呼吸し、いざ勝負!

PE1号でリーダーは4号。とにかく慎重に行きたい。

脳汁ドバドバで間の記憶が朧げですが、気がつけば2人が堤防に上がってくれて両サイドに。

モウさん
モウさん

ゆっくりいけよ(-`ω´-) 

右に走られて慌てていると、

ちゅうた
ちゅうた

歩いて寄っていこ☆

落ち着かせてくれるモウさんに、タモを構えてくれるチュウタ。ふたりの優しさに包まれます。

ラテオくんもノされる事なくしっかり寄せてくれます。

シーバスロッドの限界を超えて頑張ってくれているラテオR96Mくん。

イグジくんもどれだけドラグを出されてもへこたれません。

体感15分程でしょうか?腕も乳酸が溜まって限界が近づく中ようやく浮いてきた魚影は…やっぱりデカイ!

チュウタがシュパッと華麗に1発タモ入れしてくれ上がってきたのは…

鰤でした…(ω)

人生初のショアから鰤…そして人生最大の大物に出会えました…
ももや
ももや

ヤッタァァァァァ; ;

「必死でした…カッコいいよね!」

人間本当に嬉しい時はやったーと言ってしまうんですね。震える膝を抑えて梯子を降りて計測すると90cmでした…

ありがとう、ビッグバッカー107 鰤カスタムくん…

ありがとう、釣りを教えてくれたチュウタにモウさん…
ありがとう、ラテオくんにイグジくん…

たった1年でたくさんの魚と出会わせてくれたラテオくんとイグジくん…大切にします。

そして、ありがとう鰤くん。
君のことは一生忘れません。
心の中で合掌しつつ締めようとした時…

モウさん
モウさん

なんかキタァァァ!(-`ω´-) 

モウさんのノマセタックルがバインバインなってます!

モウさんもファイト開始!オシアAR-Cとソルティガのパワーでゴリゴリ寄ってきます。

走り寄ってタモを構えて待っていると…

上がってきたのは80cmの鰤!

表情はいつもと同じ(-`ω´-) ですが、明らかに嬉しそうなモウさん。

去年のノマセでボウズという屈辱から(-`ω´-) こんな顔になってしまったモウさんもニッコリ笑顔に。

リーダーが撮ってくれた記念写真。大切な思い出になりました。

ついにRoad to Yellowtailの目標、「ショアから鰤を釣る」達成です!!
その後も渋い中昼12時ごろにももやにハマチ、13時ごろにモウさんに大サバがヒット!

50cmくらいのハマチくん!IP-26を底から巻き上げてきたらヒット!
モウさんのムーチョ・ルチアに30cmオーバーの大サバがヒット!ワールドシャウラビッグゲームは真っ直ぐのままでした笑
最後の最後でももやのジャックアイマキマキ30gのフォールでグジがヒット!小さかったのでリリースしました。
ももや
ももや

ついに鰤を釣ることができた我々セルフィッシュフィッシャーの挑戦は続きます!
みなさん応援ありがとうございましたァ!!

ももや
ももや

ここから釣行開始からのちゅうたの目線で描かれます。

うん。小鯖君。

どうもリーダーなんて名乗っているチュウタでございます。

みなさんご機嫌麗しゅう。

この流れだいたいわかるよね。

そうさ、あぁそうさ。

あ、

あ、ああそうさ。

※ここから先は少々口が悪くなります。

強風の中、ひとりボウズを食らってしまった釣り人の悲しい末路、お許しください。

この日ためにたくさん準備してきた。

新しく仲間になったルアー達

※この先はただグチグチ言ってるだけなので、なんの参考にもなりません。ご注意下さい。

西からの強風に煽られ、65gのジグでも底取りがしんどい。

85gへ。

「風が強いから糸を張れる巻物がええかもねぇ」

とかモモヤ氏に言っときながら、ジグを投げる私。

明るくなってきたタイミングで、、

!!?

ももや
ももや

ギターーーーーアーー!!!!!
きたっ、きたっ、きたっ
イグジ君が〜、イグジ君が壊れる〜!!

チュウタ、モウ、「…。」

ムコイチをご存じの方なら伝わると思うのですが、、

8番で叫んで7番、9番のアングラーが全員こっち見てる。ぐらい大きなボリュームで叫ぶモモヤ氏。(大袈裟には言ってません)

一瞬恥ずかしくなり、(ごめんなモモヤ)

モウさんとも目が合い、一旦他人のフリへ。

(ごめんなモモヤ)

だけどここ一番、絶対に釣り上げてほしいとの思いで、タモを持って走りました。

タモ入れ成功!鰤には少し小さめのタモでしたが、入るもんですね◎

そうこうしてたら、モウさんのノマセにヒット!

んでまたデカい!

モウさん落ち着いてキャッチ◎

2人とも鰤!!おめでとう☆

あとは私が釣るだけや。

…。

…。。

…。。。

もう何度キャストしただろう。

チュウタさんの挑戦は終わった。。

ちゅみみん(>_<)

途中小鯖君が戯れてくれたのみ。

他なーーーんにも異常無し。

モモヤがハマチ君を追加しても、

私にはなーんにも無し。

「初めてこの地に降り立った祖先の像」
みたいになってしまったチュウタ
最後は情緒まで不安定に

さんざん悪態をつきながら、キープキャスト。

チュウタ心の声

ちゅうた
ちゅうた

(そろそろ納竿しよっかーって二人は言いづらいやろうなぁ)
(やっぱりオレが言わなきゃ)

(でもその前になんでもいいから1匹釣らなきゃ)

…。

モウさん
モウさん

何時までやる?

変な心配を他所に、コーヒーを飲みながら納竿を促してくれたモウさん。ありがとう◎

ええい!ラストまでじゃ!釣れるまで帰らせねーぞ!!と言って見たものの二人は優しく苦笑い。

それにそんな気力や体力が残っているわけもなく…。

帰ろう。

この日は私のゴリ押しでムコイチにきました。

風が強いのどうのこうの文句を言うメンバーにお願いしてやってきました。

てことは、鰤釣れたのは半分オレのおかげやん!?

モモヤ氏も半分、モウさんも半分。

足してチュウタが鰤一匹やん!!

という謎の理論を展開するも、

モモヤ、モウ「そうやな(^-^)」

と優しく返してくるモモヤとモウ。

( ; ; )

(T ^ T)

(>_<)

まぁでも正直なところ、私もうれしいです☆

3年くらいかな?通いました。

釣れてもハマチ、メジロが遠かった。

みんなもそうだと思いますが、ムコイチ行ったからって釣れるもんじゃない。

ムコイチでボウズが続くことだってざらにあります。

エソキングなんて言われることもあった。

そんな私達が、ようやく鰤に辿り着いた。

2人ともおめでとう☆ありがとう☆

オレが鰤釣るまで、付き合わせるからな♪

いい画やねぇ

この日はselfish fisherメンバーが揃う2021年最後の釣行となりした。最高の釣り納めとなったね☆

二人ともいい顔してる。

終劇
ももや
ももや

かくして、Road to Yellowtailは終劇を迎えた。
そして始まる新たな物語、「シン・ Road to yellowtail」
果たしてちゅうたの魂は鰤と邂逅を果たすのか…
つづく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました